コラムの記事一覧

失敗しない小学校受験の家庭での過ごし方

小学校受験をする為には、なんとしても合格を目指すようにしたい事でしょう。親子で頑張って合格が出来れば、力を合わせてやり遂げた達成感も味わうことも出来ますし、今後の子供の教育にも自信が持てるようになります。

小学校受験を失敗してしまえば、努力が報われなかった辛さを子供に経験させてしまう事にもなりますので、失敗しないようにしなくてはなりません。努力をすれば報われるという事を子供にも教えていくようにしましょう。小学校受験をする為にも、幼児教室に通わせてみることです。幼児教室に通う事によって、受験対策をしていくことも出来ますし、子供に学ぶ姿勢を身に付けさせることも出来ます。

週に数回幼児教室に通わせる場合には、子供に無理をさせないようにしなくてはなりません。勉強ばかりをしていれば、子供も息が詰まってしまう事にもなりますし、疲れてしまいます。子供の様子をよく観察するようにして、無理をしていないかを確認しなくてはなりません。子供が疲れている感じだったり追い詰められているようであれば、家庭での過ごし方を考えてみましょう。少しでも子供が家庭で落ち着ける環境を作ってあげることが、子供にとって大切な事ですので、無理をさせ過ぎないようにしなくてはなりません。

続きを読む

小学校受験で両親が合格の鍵を握る理由とは

我が子の将来の為にも、小学校受験に挑んで合格をさせてあげたいと願う親はたくさんいます。小学校受験をしておけば、子供の将来の役にも立つようになりますので、親として我が子に熱心に教育をしていくようになります。

小学校受験をするのは子供自身ではありますが、両親が合格の鍵を握るようになりますので、子供とともに頑張らなくてはなりません。両親が合格の鍵を握る理由としては、面接のときにも関わってくるようになります。小学校受験をする時に大事な事は、夫婦で教育に対する考え方が同じという点が言えるでしょう。例えば、母親だけが熱心に教育に力を注いでいたとしても、父親はそこまで教育をする必要がないと考えていれば、両親の考え方が一致していないことになります。

そのような状態で小学校受験をしたとしても、面接官はいい印象を持ってくれることはありません。表面上だけ取り繕っていたとしても、父親のやる気のなさというのは、面接官に伝わってしまう事になりますので、不合格となってしまいます。小学校受験をするのであれば、夫婦の教育に対する考え方を一致させるようにして、熱意を面接官に伝えるようにしていくといいでしょう。面接を受ける前に夫婦で話し合いを持つ必要があります。

続きを読む

小学校受験をする子供のメリットとは

一般的に小学校は自分の住んでいるところの近くの小学校に通うことを選ぶ人が多いですが、もっと多様な教育を受けさせることができる私立の小学校に通わせたいと考える親御さんも多くなっています。そういった時は小学校受験が必要になってきますから、早くから塾に通うようにするといいでしょう。

塾に通うとなると帰宅後すぐに塾に行かなくてはならなくなったり、自分の遊び時間が削られることで不平をもらす子供もいますが、偏差値の高い私立では塾なしで合格するのは至難の業であることも多いです。遊びたい盛りの小学校の時期から勉強ばかりさせるのは懸念してしまうことも多いですが、早くから受験を意識させることというのは早くから競争心を高めるようにするためにも良いです。

小学生くらいというのは同じ年代の子供や一緒にいる仲間に影響されることも多いので、小学校受験を目指す仲間と一緒にいることができれば、影響されて良い方向に進んでいくことも多いです。義務教育ではまかなえないことも私立であればまかなえるようなこともあるので、教育に費用をかけたいと考える親御さんにとってもメリットがあります。みんな同じでは物足りないと感じるような時も、小学校受験で差をつけることができるでしょう。

続きを読む

カテゴリー